Voice.

K・O さん

voice-k-o

■幸せを掴んだ思い

結婚に疲弊していた折、ネットでフーフークラブを見つけ「社長は怖そう(実際は気さく)だけど、面白そうだし話を聞くだけなら」と思い、扉を開けました。当時、面会していただいた担当者(佐和さん)がすごく熱心な方で、結婚の向き合い方に対する話を聞いているうちに感涙したことを覚えています。

自分で言うものもなんですが、正直、結婚より独身を謳歌するタイプ。こんな僕を見かねてか、担当の宗平さんに毎月状況報告に来るようにと進言されました。活動的には色々な方に会うのですが、結婚観がないため、なかなか進展しない状況が続きました。自分との闘いでしたね。そんな中、担当の宗平さん、植原さんは優しく話を聞いてくれ、熱心にそして時には厳しく指導していただきました。そのため徐々に結婚に対する考え方が変わっていったのを実感していました。

入会後1年半たった時、今の彼女と出会いました。彼女は素朴で謙虚なため最初お目に留まらないタイプでした。ただ毎週会っているうちに染み込むように分かってきました。素朴だけれど芯の通ったところ、すごく支えてくれるところ。そして決め手となったのは、一緒にいても自然で疲れないことでした。結婚するならこんな人がいいんじゃないかと。

フーフークラブで学んだこと、先生方の助言が僕の後押しになりました!!

かなり時間がかかってしまいましたが、2年間でめっちゃ自分を変えることができました。苦しいことや悩んだことは沢山ありましたが、最後まで続けることができたのは宗平さんと植原さんをはじめとしたスタッフの皆さんのお力添えがあったからです!!家庭的で情熱的で褒め上手なフーフークラブさんに関わることができて幸せです!!本当にお世話になりました!

(平成29年5月11日)
■K・Oさんの印象(スタッフのコメント)

真っ黒に日焼けして、お洒落なスタイリングに身を包んだ彼に初めてお会いしたのは、お見合いの立会いのときでした。精悍なお顔だちで、この人ならすぐに結婚できるという第一印象を持ちました。
ところが交際にはなるのですが、中々続かない状態の連続でした。
その理由がわかったのは、お見合いの同席をさせていただいたときのことでした。会話のラリーが中々続かない。女性が話していることを聞いている姿勢が目立っていて、彼の口から自己アピールが少ないように感じました。彼に必要なことは、自己肯定感を高めることだと思いました。
そこで私は彼のお見合いの立会いの時は、承認欲求を満たせてあげようと心掛け、たくさん褒めてあげました。自分を認めてあげることで、自分はこれでいいんだと思えるようになり、彼はどんどん変わっていきました。
婚活を始める人にとって、少し足りないところを私達アドバイザーにアドバイスを受けるだけで、結果を出せるものだと思える方でした。

その他の成婚者様の声